診療時間9:00~12:00 / 15:00~18:00/ 16:30~19:30 休診日:水曜・日曜・祝日

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷2丁目18-9

お問い合わせTEL:06-6741-5546
24時間ネット受付

内科

HOME»  内科

内科系疾患に幅広く対応

咳、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの様々な急性疾患について診療いたします。
ただの風邪と思いこんでいると肺炎など重篤な病気を引き起こすこともあるため、症状が悪化する前に受診することが何よりも大切です。また高血圧、糖尿病、高脂血症など生活習慣病をはじめとする慢性疾患についても、幅広く対応いたします。

はっきりとした症状が出ている時はもちろんのこと、「何となくだるい」「食欲がない」 「原因がわからないけど、何となく体調が悪い」など、原因のはっきりしない体調不良の場合についても、お気軽にご相談ください。

主な診療内容

感染症
風邪、インフルエンザ、肺炎、胃腸炎、尿路感染症、腎盂腎炎など
生活習慣病
高血圧症、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、慢性腎臓病(CKD)、メタボリックシンドローム、睡眠時無呼吸症候群など
呼吸器疾患
気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、肺結核など
消化器疾患
逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染、胃炎、便秘症、下痢症、胆石、胆嚢ポリープ、肝機能障害、脂肪肝、慢性肝炎(B型、C型肝炎など)、膵炎 など
花粉症、アレルギー、認知症、骨粗しょう症、過活動膀胱(頻尿、尿失禁)、前立腺肥大症、貧血、甲状腺機能低下症・亢進症、膠原病 、悪性腫瘍(癌) 

不明熱、体重減少、食欲不振、全身倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などでお悩みの方もご相談ください

 

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。
一般的に1~3日の潜伏期間を経て、その後突然、38度以上の高熱と同時に関節痛や筋肉痛、倦怠感など、全身症状が現れます。
例年、12月~3月に流行のピークを迎えます。

インフルエンザの治療

抗インフルエンザ薬を使用します。
インフルエンザの治療は、発症後48時間以内の早期に開始すると治療効果が得られやすいですが、2日以上経過しての治療は、効果が期待できにくくなります。

インフルエンザの検査

インフルエンザ迅速診断キットを用いて、検査いたします。
しかし、発症直後12時間以内では、体内のウイルス量が少なく「陰性」と判定される場合があります。
当院では、少ないウイルス量でも感度良く検査できるシステムを、導入致しました。インフルエンザを発症初期に診断することで、患者様のご負担を軽減できます。

インフルエンザQ&A

風邪とインフルエンザは違うんですか?
風邪は、空気中のさまざまな細菌やウイルスが原因で、症状は、のどの痛み、鼻汁、くしゃみ、せき、軽度の発熱が中心です。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染しておこる病気で、急に38度以上の高熱がでて、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感など全身症状が強く現れるのが特徴です。治療法も、異なります。
インフルエンザ予防接種を受ければ、インフルエンザにかかりませんか?
予防接種をうけても、ウイルスを殺す働きはないので、まったく感染しないわけではありません。
予防接種の効果には個人差がありますが、接種する意味は、もしインフルエンザにかかってしまった時に「発熱などの症状を抑えること」「肺炎や脳症などの合併症を予防すること」にあります。
重症化させないということです。
予防接種の効果が現れるのは、接種後2週間かかるとされているので、12月中旬までには、予防接種を済ませておくのが望ましいです。

甲状腺機能亢進症(Basedow病)

甲状腺のホルモン分泌機能が過剰になることが原因で引き起こされる病気ですが、甲状腺ホルモンの分泌機能が高まる原因は多々あります。

もっとも多いのは、免疫の異常によって発症するバセドウ病とされています。

症状:
多汗、体重減少、動悸、倦怠感、手指振戦、下痢などが主なものです
所見:
甲状腺腫大(甲状腺は喉仏の下あたりにあります)、眼球突出、頻脈、やせが主なものです
検査:
血液検査を行います。

検査所見
・TSH(甲状腺刺激ホルモン)が基準より低い⤵
・FT4(甲状腺ホルモン)が基準より高い⤴
・TRAb(TSHレセプター抗体)陽性

心電図:
心房細動(心房が痙攣したように細かく震え、血液をうまく全身に送り出せなくなる状態)
治療法:
基本は、抗甲状腺薬で甲状腺ホルモンの合成を抑えていくことですね。

抗甲状腺薬チアマゾール(メルカゾール)の副作用

かゆみ、じんま疹などの皮膚症状が3割くらいの割合で出現します。

これらの皮膚症状は1週間くらいで少しずつ出現し、ピークは約2~3週間後です。

皮膚症状が出たら、薬を減量したり他の薬に替えたり抗アレルギー剤を一緒に飲んでもらいます。

注意が必要な副作用に無顆粒球症があります。

無顆粒球症というのは、血液中の白血球の成分である顆粒球が減少することです。
無顆粒球症になると、細菌等に感染しやすくなってしまいます。

1000人に1~2人の割合で起きる稀な副作用ですが、
定期的に血液検査をして顆粒球が減っていないかチェックをすることで、予防することができます。

最近体重が減ってきたな、最近動悸がひどい、
汗が多いなどが続く場合はひとりで悩まず、医療機関を受診してください。

お薬で良くなることが大半です。

楽になりますよ。

TOP