診療時間9:00~12:00 / 15:00~18:00/ 16:30~19:30 休診日:水曜・日曜・祝日

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷2丁目18-9

お問い合わせTEL:06-6741-5546
24時間ネット受付

Blog

HOME»  Blog»  美容・健康コラム»  帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチン

前回に引き続き、今回は帯状疱疹の予防や治療についてお話しいたします。

 

 

帯状疱疹にならないために(日常生活の注意)

 

免疫力が低下すると帯状疱疹が発症しやすくなります。

 

日頃から疲労やストレスをためないために

・バランスの良い食事をする

 

・睡眠をしっかりとる

 

・散歩やウォーキングなど適度な運動をする

 

・自分なりのストレス解消法を身につけておく

(音楽を聴く、お風呂にゆったり入る、ペットと触れ合う)

 

・笑うと免疫力があがります

(お笑い番組、落語や漫才を観る)

 

といった予防が重要です。

 

 

帯状疱疹にならないために(ワクチン)

 

現在、帯状疱疹のワクチンは2種類あります。

どちらのワクチンが良いのかよく質問を受けます。

それぞれの注意点や特徴をまとめてみました。

かかりつけの先生と相談するといいですね。
 


<生ワクチン>

2016年〜

ウィルスを弱毒化

免疫抑制患者には接種不可

予防効果約5060%

1回接種(皮下注)

10,000円程度

副反応比較的少ない

弱毒生ワクチンが5年程度で減弱するので5年後の再接種が必要です

 

 

<不活化ワクチン>

2020年〜

ウィルスを無毒化

免疫抑制患者にも接種可能 

予防効果90%以上

2回接種(筋注)

20,000円程度× 2回(通常2ヶ月間隔)

副反応(痛み、発熱、筋肉痛、倦怠感)が出やすい

 

シングリックスは現時点で9年以上免疫が持続することがわかっていますが、新しいワクチンなので研究中です。

 

どちらも帯状疱疹のワクチンですので、口唇ヘルペスなど単純ヘルペス感染症には効きません。

 

帯状疱疹の治療(なってしまったら)

 

・抗ウイルス薬(原因となっているウイルスの活動を抑える)

発症後早期に治療を開始するほど効果が期待できます。

 

・痛み止め(消炎鎮痛剤)

発疹など皮膚の炎症などによる痛みを和らげます。

 

・痛み止め(鎮痛補助薬、オピオイド鎮痛薬など)

皮膚症状がおさまった後も痛みが継続することがあります。

帯状疱疹の合併症のひとつ「帯状疱疹後神経痛(PHN)」です。

 

・痛みに対して、神経ブロック注射やレーザー治療が行われることもあります。

 

帯状疱疹は、かかるといつまでも辛い病気です。

 

日ごろから体調管理を心がけ、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

 

そして帯状疱疹になった時は、できるだけ早い治療が大切です。

 

もしかして帯状疱疹?と思った時は躊躇せず、できるだけ早くかかりつけ医を受診しましょう。

2022-10-07 11:17:38

美容・健康コラム

 
TOP