診療時間9:00~12:00 / 15:00~18:00/ 16:30~19:30 休診日:水曜・日曜・祝日

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷2丁目18-9

お問い合わせTEL:06-6741-5546
24時間ネット受付

Blog

HOME»  Blog»  美容・健康コラム

美容・健康コラム

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

汗のお話し④(夏の汗対策)

汗のお話し④(夏の汗対策)

前回に続いて汗のお話、4回目です。


今回は、夏場に向けての汗対策をご紹介します。




<多汗で困ること>

・顔……汗をかいてることを隠せない、対面が苦手になる。

・手足……握手ができない、PCやノートなどの道具に触れることができない、靴に困る。

・腋窩…..洋服の素材や色によっては汗が目立つ、手を挙げられない、汗に伴う臭いが気になる、洋服が黄ばむ。

・全身……更年期障害で重症の場合には、夜間に何度も寝巻きを着替えないといけない。汗疹(あせも)ができる。




<具体的な汗対策>

病気をお持ちの方

病気をお持ちの方はそれに対しての治療が必須ですね。


精神的な理由で汗をかきやすい方

精神的な理由で汗をかきやすい方は、
・自分なりのストレス発散(日常生活の改善)
・自律神経のバランスを整える工夫をする


漢方を試してみる


脇の汗に効果的なお薬が製薬会社から発売されています。
(当院でも処方していますが、今まで脇の汗で悩んでいた患者様に喜ばれています。)


こまめに汗を拭いましょう

なんといっても汗をかいたらこまめに汗を拭うことが大切です。

可能なら体を洗うのが良いですが、外出中でシャワーなどができないような時は、
濡れティッシュや濡れた小さなハンカチを用意してこまめに拭く。
体が洗えなくても腕まくりして腕だけでも洗うなどとりあえず汗を拭うことですね。





背中にタオルを入れる

今年NHK「あさイチ」でご紹介いただいた私の汗対策の提案です。

外出中に動き回ってたくさん汗をかき、室内にいると汗が冷たくなってくる場合、
外出中背中にタオルを入れて、汗をかいた後にそのタオルを引き抜くという方法です。
簡単でとても便利です。汗をよくかくという方は一度試してみてください。




<なかなか良くならない場合は>

上記対策でもなかなか良くならない場合は、
他科(皮膚科、形成外科、心療内科など)の病院を紹介することもあります。




これから暑くなり汗をかきやすくなりますね。
さまざまな治療や対策を上手に活用して、快適な毎日をお過ごしくださいね!

2022-06-28 18:51:57

汗のお話し③(更年期障害)

汗のお話し③(更年期障害)

前回に続いて汗のお話、3回目です。

前回は、汗の悩みで当院に来院される患者さまの中でも
特に多い『甲状腺機能亢進症』についてお話させていただきました。

今回も、汗の悩みで当院に来院される患者さまの中で
最も多い『更年期障害』についてお話させていただきます。



<更年期障害とは>

更年期障害とは、年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することで
ホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれることを指します。

閉経前の5年間と閉経後の5年間を併せた10年間を「更年期」といい、
この期間に発症しやすいため、更年期障害と呼ばれています。

平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、
早い人では40歳代前半、遅い人では50歳代後半に閉経を迎えます。



<更年期障害の主な原因>

更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が、
大きくゆらぎながら低下していくことですが、その上に
・加齢などの身体的因子
・性格などの心理的因子
・職場や家庭における人間関係などの社会的因子
が複合的に関与することで発症すると考えられています。



<更年期障害の主な症状>

更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。


症状血管の拡張と放熱に関係する症状
・ほてり
・のぼせ
・ホットフラッシュ
・発汗など

更年期障害の患者様の汗の特徴ですが、
顔に噴き出るような汗が、拭いても拭いても出てくる。
診察中も何度も汗を拭いてられます。

営業のお仕事の方などは、お客さまに説明する時に
汗を拭きながら説明していると信頼感を得られにくい、
せっかく朝にメイクをしっかりしたのに、
汗でぐちゃぐちゃになってしまって悲しいなど訴えるかたが多いですね。

夜中に体の中からカァーッと燃えるように熱くなってきて汗が噴き出て困るという訴えも多いですね。




症状その他のさまざまな身体症状
・めまい
・動悸
・胸が締め付けられるような感じ
・頭痛
・肩こり
・腰や背中の痛み
・関節の痛み
・冷え
・しびれ
・疲れやすいなど


症状精神症状
・気分の落ち込み
・意欲の低下
・イライラ
・情緒不安定
・不眠などが主なものです。




<検査>

更年期障害の特徴の一つは症状が様々であることですが、
これらが他の病気による症状ではないことを確認する必要があるため、血液検査を行います。

下記条件が揃った場合、更年期と判断します。
E2(エストラジオール)値:20pg/ml 以下
FSH値(卵胞刺激ホルモン)値:40mIU/ml 以上



<治療法>

更年期障害は、先ほど身体的因子・心理的因子・社会的因子が複雑に関与して発症すると話しました。

なので、まず十分な問診を行うことが必要です。

その上で生活習慣の改善や心理療法を試み、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います。

更年期障害の薬物療法は大きく3つに分けられます。


治療法ホルモン補充療法(HRT

更年期障害の主な原因がエストロゲンのゆらぎと減少にあるため、少量のエストロゲンを補う治療法(ホルモン補充療法:HRT)です。

更年期障害の症状の中でも特に、HRT
・ほてり
・のぼせ
・ホットフラッシュ
・発汗
など血管の拡張と放熱に関係する症状に特に有効です。

劇的に汗が減り喜ばれることが多いです。

子宮のある方と子宮を摘出した方では治療法が異なります。

生理のような出血があっても気にならない方と嫌な方でも治療法が異なります。

HRTに用いるホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬など
いくつかのタイプがあり、またその投与法もさまざまです。

患者様とよく話し合いながら、その人に合った最適な治療法を選択していきます。

HRTに関しては、一時乳がんなどの副作用が強調される傾向にありましたが、
最近になって、更年期にHRTを開始した人では、心臓・血管の病気や骨粗鬆症など
老年期に起こる疾患が予防できるという利点が、再び見直され始めています。


治療法漢方薬

ホルモン補充療法は抵抗があるという方や、多彩な症状を訴える更年期女性に対しては、
「婦人科三大処方」とも呼ばれる
・当帰芍薬散
・加味逍遥散
・桂枝茯苓丸
を中心に、その人に合わせて、他の漢方を組み合わせて処方することが多くあります。

劇的に改善されることも珍しくなく喜んでいただいております。

汗に関しましては、
・加味逍遙散
・柴胡加竜骨牡蛎湯や防已黄耆湯
・補中益気湯
・四逆散
が効果的なことがあります。


治療法向精神薬
・気分の落ち込み
・意欲の低下
・イライラ
・情緒不安定
・不眠
などの精神症状が最もつらい症状である場合には、抗うつ薬・抗不安薬・睡眠導入剤などを処方します。






更年期障害は、しっかり検査・問診を行い、
状況に応じて治療を選定することが重要になりますので、
症状に心当たりがある方は、まずは医療機関を受診してみてください。

次回は、具体的な汗対策についてお話いたします。

では、また次回

2022-06-20 15:18:25

汗のお話し②(甲状腺機能亢進症)


汗のお話し②(甲状腺機能亢進症) 
 

前回に続いて汗のお話しです。

前回は、汗でお困りの方の様々な原因を紹介させていただきました。

私が女医ということもあってか、当院に来院される患者様は、
『更年期障害』・『生理不順』・『PMS 』・『月経困難』・『子宮筋腫』など
女性のホルモンバランスの悪さからくる様々な症状のお悩みの相談にご来院くださる患者様が多いです。


今回は、当院に汗の悩みで来院される患者さまの中でも多い
『甲状腺機能亢進症』についてお話させていただきます。



甲状腺機能亢進症(Basedow)

甲状腺のホルモン分泌機能が過剰になることが原因で
引き起こされる病気ですが、甲状腺ホルモンの分泌機能が高まる原因は多々あります。


もっとも多いのは、免疫の異常によって発症するバセドウ病とされています。

症状:多汗、体重減少、動悸、倦怠感、手指振戦、下痢などが主なものです

所見:甲状腺腫大(甲状腺は喉仏の下あたりにあります)、眼球突出、頻脈、やせが主なものです

診察中に診断できることが多いですね。

痩せていて、目がギラギラしたような感じで、
「最近なんか痩せてくる、動悸する、汗がよく出る」っておっしゃることが多いです。


検査:血液検査を行います。

検査所見
TSH(甲状腺刺激ホルモン) が基準より低い
FT4(甲状腺ホルモン) が基準より高い

TRAb(TSHレセプター抗体) 陽性


心電図:心房細動(心房が痙攣したように細かく震え、血液をうまく全身に送り出せなくなる状態)

治療法:基本は、抗甲状腺薬で甲状腺ホルモンの合成を抑えていくことですね。




抗甲状腺薬チアマゾール(メルカゾール)の副作用

かゆみ、じんま疹などの皮膚症状が3割くらいの割合で出現します。

これらの皮膚症状は1週間くらいで少しずつ出現し、ピークは約23週間後です。

皮膚症状が出たら、薬を減量したり他の薬に替えたり抗アレルギー剤を一緒に飲んでもらいます。


注意が必要な副作用に無顆粒球症があります。

無顆粒球症というのは、血液中の白血球の成分である顆粒球が減少することです。
無顆粒球症になると、細菌等に感染しやすくなってしまいます。


1000人に12人の割合で起きる稀な副作用ですが、
定期的に血液検査をして顆粒球が減っていないかチェックをすることで、予防することができます。


最近体重が減ってきたな、最近動悸がひどい、
汗が多いなどが続く場合はひとりで悩まず、医療機関を受診してください。


お薬で良くなることが大半です。

楽になりますよ。


『更年期障害』については次回お話しすることにいたしますね。

では、また次回

2022-06-07 11:11:31

汗でお困りの患者さま①

汗でお困りの患者様

 

こんにちは

これからは汗をかくことも多くなるので、何回かに分けて、汗についてお話させていただきますね。

 

 

先日、製薬会社の1周年記念のWEBセミナーがあり、皮膚科・形成外科・精神神経科・薬剤部の先生方とご一緒に、
私は内科の担当として講演させていただきました。

 

他科の先生方と一緒に講演をする機会はあまりないので、私自身も大変勉強になりました。

 

内科の担当は私ひとりだったので、「内科を受診される汗でお困りの患者様」をテーマに話しました。

 

 

汗でお困りの患者様の主な原因は、以下があげられます。

・更年期障害

・甲状腺機能亢進症

・感染症

・循環器疾患

・低血糖症

・悪性腫瘍や膠原病

・中枢神経疾患

・薬剤の副作用

・その他、パーキンソン病・自律神経疾患など
 

 

私が女医ということもあり、汗でお困りの患者様は圧倒的に『更年期障害』の方が多く、
次に多いのが『甲状腺機能亢進症』の患者様です。

 

この二つについては次回に少し詳しくお話させていただくとして、今回はその他の原因を簡単に紹介させていただきます。

 

 

感染症

 

ほとんどが発熱を伴って全身の発汗を認めます。

 

肺炎や結核、尿路感染症、扁桃炎などが代表的です。

 

 

循環器疾患

 

当院では心筋梗塞・大動脈解離の患者様が汗がたくさん出ると訴えて来院される患者様が意外と多いです。

 

診るからに顔面も蒼白なことが多く「冷や汗」という感じです。

 

汗以外では、胸痛や胸のあたりが変な気分という症状が多いです。

 

中には胸痛などの症状が無い場合もありますが、まずは心電図を取ります。

 

すると心筋梗塞などの異常所見がでた場合は、近隣の循環器にを紹介させていただくこともあります。

 

 

低血糖症

 

最近の糖尿病のお薬(血糖降下剤・インスリンなど)は、低血糖の副作用は少なくなったので、
低血糖の患者様は少なくなりましたが、以前は、低血糖の患者様を診察することもそう珍しいものでもありませんでした。

 

症状は冷や汗、手や指の震え、倦怠感が主なものです。

 

 

悪性腫瘍や膠原病

 

悪性腫瘍や膠原病なども発熱と汗がみられることがありますので、微熱と汗が続く方には、そのような検査も追加することがあります。

 

 

中枢神経疾患

 

脳血管障害、外傷、脳腫瘍、脳炎などにより発汗中枢が損傷すると全身性多汗が生じます。

 

 

薬剤の副作用

 

抗うつ薬、抗躁薬、抗不安薬などの向精神薬、非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド剤内服中に発汗が増加すると言われています。

 
 

 

次回は『甲状腺機能亢進症』の汗の特徴についてお話しますね。

2022-05-19 17:23:37

冬はやっぱり鍋!



本日1月20日は「大寒」です。
寒くなりましたね。
お変わりございませんか?

私は、ダウンコートに手袋、マフラーをして、毎日習慣のウォーキングでクリニックまで歩きました。クリニックに到着したときは体もぽかぽかで気分も爽快です。

2週間ほど1年で最も寒い日が続きますが、この間に体をいたわるために食したいのは鍋料理です。寒い日に鍋が重宝されるのには意味があるように思います。

鍋料理には、体を内臓から温め、免疫力を高める力があります。たくさんの具材を使うので栄養のバランスが良く、食物繊維も多く、消化や体力を回復させる働きもあります。

特に、私のお勧めは『キムチ鍋』です。キムチの唐辛子に含まれるカプサイシン はガン細胞を抑制する働きがあると言われます。また、体内の脂肪を燃やすの で、代謝促進、ダイエットも期待できます。

調味料にも注目しましょう。

ネギ・ショウガ・唐辛子・こしょう・山椒・ニンニクなどの薬味や調味料には、 体を温める作用があります。鍋料理に、これらをほどよくプラスしてください。

鍋料理は、風邪予防や対策にぴったりです。

添付の画像は当クリニックのスタッフが以前患者さまにお配りしていた健康情報の紙面です。
参考にしていただけたら幸いです。

新型コロナウイルス感染症の患者様が激増しています。
皆さん、体調を整えて、マスク、手洗い、換気をしっかりしてくださいね。
密を避けて、おうちでお鍋はいかがでしょうか?

2022-01-20 21:05:20

コメント(0)

汗をかく3つの要因

夏なので汗をかく要因についてまとめました。

汗がでるきっかけとなるのは、体温調節のほか、緊張したときや驚いたときなどの精神的なもの、そして辛い食べ物など味覚からくるものの3つがあります。また、ワキはエクリン腺とアポクリン腺が共存し、温熱性発汗と精神性発汗が両方起こる特殊な場所です。
 

温熱性発汗:


暑いときや運動をしたときに、上昇した体温を下げるための汗。
手のひらや足のうらを除く、全身から持続的に発汗。
暑い時に激しい運動を行うと、1時間に2リットルほどの汗をかく。

暑いときや運動をしたときに体温調節のためにかく汗

汗をかく部位:手のひら、足の裏を除く全身

汗腺の種類:エクリン腺

 

精神性発汗:


人前に出て緊張したとき、驚いたときに出る汗で、「手に汗をかく」「冷や汗をかく」といった言葉に関係するもの。
精神的な刺激にともなってでることから「精神性発汗」と呼ばれる。
汗が出る部位は手のひら、足のうら、ワキの下など限られた部位で、短時間に発汗するのが特徴。

ストレスや緊張など精神的な刺激によりかく汗

汗をかく部位:ワキ、手のひら、足の裏など局所的

汗腺の種類:エクリン腺、アポクリン腺

 

味覚性発汗:


香辛料が効いた辛い物を食べたときに鼻や額などにかく汗。
味覚の刺激によって反射的に起こるもので、食べ終わると汗もひく。

辛いものやすっぱいものを食べたときにかく汗

汗をかく部位:特に額や鼻など

汗腺の種類:エクリン腺



病気の場合もあるので、異常な汗が続く場合は、医療機関を受診してくださいね。

:甲状腺機能亢進症(バセドウ病)・更年期障害など
 

2021-08-20 23:35:23

コメント(0)

腸が元気になると幸せを感じる

前回に続き、腸が健康になるとどのような効果があるのかについてお話しいたします。

腸が元気であると、人は幸福感を持ち、ストレスに負けない精神力を持ち続けられます。

うつ病や自殺も減ります。


腸には約1億個の神経細胞が存在し、人体においては脳に次ぐ多さです。

しかも、腸のコントロールは、すべて脳が支配しているのではなく、腸が自ら判断を下す機能を持つことから『第二の脳』とも呼ばれています。

なかでも特に注目されているのは『脳腸相関(のうちょうそうかん)』と言う双方向のネットワークです。

脳と腸の情報交換は脳からの一方通行ではなく、腸からも脳にメッセージを発信するというものです。

つまり、腸内の状態によって、その情報が脳へと伝えられ、そこから体のあらゆる場所に影響及ぼすことが分かっているのです。
 

腸と自律神経


「旅行に行くと、必ず便秘になる」とおっしゃる方が多いですね。

また、人前でスピーチをするなどの緊張する場面があると、「お腹が痛くなって下痢になってしまう」と悩んでいる方も多いですね。

内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整えると言われている自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

一般的に自立神経は、心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経があり、それぞれが反対の働きをしています。

これが、消化管の運動に対しては逆に働き、副交感神経によって活発になり,交感神経によって抑制されます。

旅行先で便秘になるのは、日常と違う不慣れな環境に脳がストレスを感じ、交感神経が働きすぎることで腸の動きが低下して起こります。

緊張する場面で下痢になってしまうのは、「これは失敗できない」と言う強い不安(興奮)を抑えようと、副交感神経が働きすぎ、腸の動きが活発になってしまうことなどで起こります。

このように脳のストレスは、ダイレクトに腸に伝えられます。

しかも逆に、腸の不調が脳へと伝わると言う悪循環にはまってしまうのです。

腸の調子が悪く悩んでいる方のほとんどは、やはり表情が暗く、元気がありません。

実際、うつ病の患者さんには便秘や下痢が多いと言うデータもあり、心の健康と腸内環境は密接なつながりがあると考えられます。

心と体を健全な状態に保つには、腸の健康維持することが欠かせません。
 

腸と幸福


人間の情緒に影響するホルモンで『セロトニン』という物質があります。

幸福感との関連があることから『幸せホルモン』とも呼ばれています。

セロトニンの9割が実は脳ではなく腸管で作られています。

驚きですよね。

セロトニンには、
・腸管(ちょうかん)の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしたり、
・自律神経のバランスを整えて、心を前向きにしたりする作用があるとされています。

※蠕動(ぜんどう)とは・・・腸内の食物を動かす運動のこと

また、興奮物質であるノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑える効果があるため、イライラなどを起こしにくくなります。

心の平穏には、これらのホルモンの分泌がカギとなり、それに影響するのが腸内のバランスです。

つまり、腸は幸福で安定した精神状態にも大きく影響していると言えるでしょう。

次回はいよいよ、ではどうしたら腸内環境を整えることができるのかなどお話をしますね。

2021-05-04 21:40:48

コメント(0)

腸の健康について

腸の健康について

【腸が健康になるとどのような効果があるのか】
 
前回は、腸内フローラと腸内細菌と
腸の構造についてお話させていただきました。
 
今回は、腸が健康になるとどのような
効果があるのか一つずつお話していきます。
 
○そもそも腸の役割って?
 
胃・小腸・大腸など消化管は、
食べ物から栄養を消化・吸収しながら、
不要なものをきちんと排泄してくれます。
 
便は、体内で出た老廃物、
つまりいらないものです。
 
それが長く体の中に止まっているということは、
日々たまるゴミを捨てずに、
部屋の中に置いておくようなものです。
どんどん腐敗が進み、
有害物質やガスが発生していきます。
 
正常な状態だと、腸内で吸収した栄養素は、
血管を通して全身の細胞に運ばれ、
エネルギーとして消費されたり、
若い細胞をつくる手助けをしたりします。
 
しかし、便秘が続くと、
取り込んだ栄養素が行き渡らず
脂肪として蓄えられ代謝が低下し、
どんどん太りやすい体になります。
 
肌のターンオーバーも阻害されるため、
肌荒れや、吹き出物の原因にもなります。
 
○腸と免疫の関係性について
 
新型コロナウイルスが猛威を奮い
免疫力の大切さも注目されています。
 
「免疫力」とは、私達の体を病気から
守るために必要な力のことです。
 
免疫力を高めることが、
健やかに生きる秘訣ですが、
そんな免疫力の70%を司っているのが、「腸」です。  
 
人体に侵入してくる細菌やウィルスなどの
外敵を排除する機能を免疫といい、
その仕事をする組織をリンパ組織といいます。
 
そして全身のリンパ組織の70%が集まる腸は
免疫機能に重要な役割を果たしており、
これを腸管免疫といいます。


腸には食物と一緒に
細菌などの外敵が流れてくるので、
それを排除するため腸には
強力な免疫機能が備わっているのです。
 
そして、口から入り込んだ
病原菌や有害物質は、
腸の中にある免疫細胞によって排除されます。
 
仮に危険物質を取り込んでしまっても、
下痢や嘔吐などの防衛反応を起こして、
体外にきちんと排出されることになります。
 
次回も腸が健康になるとどのような効果があるのかお話しいたします。









 

2021-04-02 18:05:52

腸内フローラと腸内細菌と腸の構造について



テレビなどで『腸内フローラ』という言葉を耳にすることが増えました。
 

○腸内フローラとは


腸内フローラとは、便の腸内細菌の集合、集まりのことです。

フローラというのは、お花畑([英] flora)という意味で、顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生しているようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。
 

○腸内フローラと健康の関係性


腸内フローラを構成する細菌の種類やバランスは一人ひとりで異なっていて、同じ人でも食生活など生活環境や加齢などの影響によって変化していきます。みんな同じではありません。

多くの研究で、腸内細菌の変化が糖や脂質の代謝などに影響することがわかってきました。

また、海外の研究によると、
・肥満の人は、腸内細菌の多様性が失われていることや、
・90歳を超えても、若々しい高齢者の腸内フローラは、健康な30代の若者と変わらないこと
などが報告されています。

腸内フローラは加齢とともに変化し、いわゆる悪玉菌の割合が増加して、腸内細菌の多様性も失われていきます。

年をとっても、健康で若々しい体を保つには、多彩な細菌がバランスよく生息する腸内フローラを維持することが重要と言えます。

私たちが健康を維持するには、膨大な腸内細菌の花を咲かせ、お花畑(腸内細菌の集まり)を美しく整えることが必要不可欠です。

そしてそのために私たちができるのは腸内細菌が喜ぶ食材を選び、腸内フローラのバランスが崩れるような食事や生活をしないことです。
 

○3種類の腸内細菌とその働き




ビフィズス菌や乳酸菌に代表される『善玉菌』、ウェルシュ菌・大腸菌などの『悪玉菌』、そしてバクテロイデス門やレンサ球菌など種類が豊富な『日和見菌』が腸内に棲息しています。

3種類の菌がそれぞれ協力しあって、健康的に働ける環境を整えることが重要なポイントです。

善玉菌は体に良い働きをし、悪玉菌は悪さをする菌だと思われがちですが、これは誤解です。悪玉菌も体に必要な菌の一つで、善玉菌をサポートしててくれる大事な要素です。

ただ、悪玉菌が増えると善玉菌を邪魔して腸を老化させ、免疫力も低下させることになるので、あくまでも腸内は善玉菌優位の状態にすることが大切です。

また日和見菌はというのは、勢力の強い菌の味方になります。善玉菌が優勢なら善玉菌の味方となり、悪玉菌が優勢なら悪玉菌の味方になります。だからこそバランスが大切なのです。

理想は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7というバランスです。

ちなみに肉類や甘い物、お酒が好きな方は悪玉菌優勢になりやすいので気をつけてください。

また残念ながら現代人は食事の乱れや、不規則な生活によって腸内細菌が減少したり、加齢によっても悪玉菌が優勢になるなど腸内フローラが乱れがちです。

ですから、若々しく美しく健康でいるためには、注意していく必要がありますね。
 

○腸の構造・働き


次に腸の構造・働きや効果をお話していきたいと思います。まずは腸の構造です。



画像にあります赤色の部分が大腸です。

大腸の長さはどれぐらいかご存知でしょうか?

全長は約1.5mから2mで、大きく結腸、直腸と肛門の3つに分類されます。

食べ物は、食道・胃・十二指腸から、スライドのピンク色部分の小腸から大腸に入ると、まず盲腸をとおり、上に行く上行結腸、横に行く横行結腸、下に行く下行結腸、そこからS字状に曲がったS状結腸を通って直腸を下って肛門から便として排出されます。

この腸の構造も後日お話しする排便の仕組みに関係あるので覚えておいてくださいね。


次回は腸が健康になるとどのような効果があるのかお話しいたしますね。
 

2021-03-02 18:23:54

コメント(0)

ヒートショック(入浴編・トイレ編・コロナ禍編)

ヒートショック(入浴編・トイレ編・コロナ禍編)
 
大雪も過ぎ、寒さが厳しくなりました。
 
寒い季節に注意しなければならないのが
ヒートショックです。

ヒートショックとは 

ヒートショックとは、急激な気温の変化によって
大きく血圧が変動し、
心臓や血管の疾患が起こることをいいます。
この血圧の乱高下に伴って、脳梗塞、心筋梗塞、
脳内出血などの病気が起こります。


特に冬の12月から2月の入浴時に注意が必要です。

 

ヒートショックが起こりやすいシチュエーションとは

寒い冬場の脱衣場や浴室は室温が低くなりがちです。
寒い脱衣所で衣服を脱いで
急に熱いお湯の浴槽につかると、
急激な温度差によって大きく血圧が変動し、
ヒートショックが起こりやすくなります。

重症の場合は死に至ることもあります。
 
また夜中のトイレにも注意が必要です。
暖かいお布団から起き上がり、
寒い廊下を通って寒いトイレでいきんだ場合、
急激に血圧が上がりヒートショックを起こす
ことがあります。
 
様々な場面での急激な気温差で起こりますが、
特に多いのがこのように入浴時や夜間のトイレです。

 

コロナ禍で起こりやすいヒートショックとは

ところが、今年はコロナ禍でいつもと違う冬を迎え
新たなヒートショックに注意が必要です。
 
今年は、感染対策のために、窓を開けて
「換気」されてる方が多くいらっしゃると思います。
 
急激に窓を全開にして換気すると、
冷気が急に入り込んで室温が急に下がり、
ヒートショックにつながる危険性があります。

 

ヒートショックを起こさないための対策 

ヒートショックを起こさないために以下のような対策があります。
 

【入浴編】

・入浴前に暖房器(温風式)で脱衣所を暖める。
・浴室に入る前にシャワーのお湯を出しておいて
 蒸気で浴室を温めるなどして温度の変化を少なくする。
・湯船に浸かる前に、心臓から遠い部位から順
 (足・腰・腹部・胸の周囲)にかけ湯をする。
・浴槽の温度は41度以下にする。
・長湯をしない。(5分から10分が目安です)

 

【トイレ編】

・トイレを小型の暖房器(温風式)で暖める。
・便座を温めることができるトイレで便座を温める。

 

【コロナ禍編】

・一度に窓を全開しないで少しずつ開けて
 寒い空気が一気に入らないように空気を循環させる。
・窓を開ける前に少しエアコンの温度を高くしておく。
・加湿器で部屋の湿度を保っておく。
 (室温の低下を感じにくくなります。)

 

同居人のヒートテックにも気をつけましょう

また、同じ部屋に他の人がいる場合は、
窓を開ける前に声をかけて

上着などを身につけてもらうようにして、
周りの方のヒートショックも防ぎましょう。
 
これから寒さが一層きびしくなってきます。
新型コロナ感染症を心配されてる方も多いと思います。
 
ご自分やご家族に
不慮の事故が起きないように
注意して冬を乗り切りましょう。



 

2020-12-28 18:39:03

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
TOP