診療時間9:00~12:00 / 15:00~18:00/ 16:30~19:30 休診日:水曜・日曜・祝日

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷2丁目18-9

お問い合わせTEL:06-6741-5546
24時間ネット受付

Blog

HOME»  Blog

Blog

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

読売新聞の取材を受けさせていただきました

読売新聞 東京本社の取材を受けさせていただきました。

首都圏で読売新聞を購読されているご家庭に配布される情報誌
「読売家庭版」の9月号の「ココロとカラダの相談室」にて掲載されています。




内容は「寒暖差疲労」についてお話しさせていただきました。

首都圏にお住まいで読売新聞を購読されている方は、ぜひご覧ください
(350万部配布されるそうです)


今回はその内容から一部を紹介したいと思います。



Q;夏から秋、そして冬から春の季節の変わり目になると倦怠感、頭痛、
めまいなど体調が悪くなりませんか?病気の前兆でしょうか?


季節の変わり目になると、さまざまな体調不良を訴える患者さんが多くなります。

これは「寒暖差疲労」の可能性が高く、
血圧の乱れ、冷え、肩こり、関節痛、胃腸障害、気分の落ち込みなども起こります。


原因は季節の変わり目などで朝夕と日中の気温差が大きいと、
自律神経の働きが乱れて、体が疲弊してしまうことにあると考えられています。



Q;放置していたらどうなりますか?

症状が表れても「歳のせいだから仕方がない」「軽い風邪だろう」
と症状がひどくなってきても自己診断して放置している人が少なくありません。


症状が軽いからと放置していると、
・自律神経のバランスがどんどんくずれ、
・やがて免疫力が低下したり、
・心疾患の引き金になったり、
・気力の低下や鬱症状が表れることもあります。


Q;どんな治療法や予防方法がありますか?

・症状がひどくなる前にかかりつけ医や医療機関を受診しましょう

・自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

・睡眠をきちんととりましょう。

・基本的な生活リズムを整える(早寝早起き、バランスよく13食きちんと食べる)

・ストレッチやウォーキングなど、適度な運動をしましょう

・ストレスを解消するためにリラックスタイムをもつ
(アロマ、好きな音楽を聴く、漫才や落語などを見聞きして笑う、お昼寝、入浴、自然に触れる、動物と触れ合うなど)

(情報誌には自律神経の乱れをしるセルフチェックもついています)




 

2022-09-06 19:08:45

毎日新聞コラム

毎日新聞コラム

こんにちは

毎日暑いですね
お変わりございませんか?

726日の毎日新聞朝刊にコラムを載せていただきました。

ご覧いただけましたら嬉しいです
(^_^♪)

あれを食べたらいい
これを食べたらいい

あれをしたらいい
これをしたらいい

といろいろな情報が出て、すぐに飛びつく人が多いですが、
その中には良いものもありますが、
やはり昔からある基本的なことをきちんとすることが一番かな
(なんてえらそうなことを思います^_^


 

 

2022-08-01 10:28:26

熱中症

熱中症

毎日暑いですね。
お変わり無いですか?

当院にも軽い熱中症やその疑いの患者様がご来院されるようになりました。

これから益々暑くなり、熱中症になる危険が増えてくるので、

熱中症の
症状
予防・対策
について簡単にわかりやすくお話ししたいと思います。


<熱中症の症状>

めまい、立ちくらみ、顔がほてる
こむらがえり、筋肉痛、筋肉のけいれん
体がぐったりして、力が入らない
頭痛、吐き気、嘔吐
体温が異常に高い
頭がはっきりしない、ぼんやりしている
おしっこが少ない



<熱中症の予防・対策>


#水分補給

「先生、スポーツドリンクが良いと聞いたので、
私、スポーツドリンクを毎日2リットル飲んでるから大丈夫です!」

「部屋にいてるから汗もかかないし、
おしっこの量も少ないので、お水はそんなには飲んで無いです」

などなど、まだまだ、間違った水分補給をされている方がいらっしゃいます。


・一度に沢山飲むのでは無く、こまめに摂るということが理想です。


・スポーツドリンクは、ミネラルや糖分も含まれているので、、
毎日スポーツドリンクばかり大量にのんでいると、
スポーツドリンクに含まれている糖分やミネラルにより、
糖尿病や高血圧症になる危険性があります。
できればお水を中心に、時と場合によってスポーツドリンクを飲むようにしてください。


・部屋にいても、汗をかかなくても水分が呼吸や体表面から出ています。
尿の量が少ないのは体に水分が不足しているサインとも思われます。
たくさんのお水を飲むようにしてください。



#冷やす

体温が上がってきたら冷やすことが大切です。

・エアコンをつける「エアコンを27℃ぐらいに設定しているから大丈夫」
と言われる患者様が多くいらっしゃいます。

設定温度も大切ですが、室内の温度が何度かが何より大切です。
できればお部屋に温度計を置いてこまめにチェックするようにするといいでしょう。

高齢者の方は体感温度がにぶることがよくあります。その意味でも温度計を置くことが大切ですね。


・外出時、暑すぎると感じた時は、お水で手を洗う、冷たいペットボトルを握る、保冷剤を握るなども良いでしょう。


・それでも良くならずに、身体が熱い時は保冷剤などで、頚部(くび)、腋窩(わき)、鼠径部(太ももの付け根)、
膝の裏などの太い動脈が通るところを冷やすのが良いですね。



#日差しを避けよう

日傘、帽子、日よけ手袋などを利用して
できるだけ日陰を選んで歩いたり、活動するようにしましょう



#日頃から健康管理に気をつけましょう

適切な食事(ビタミンやタンパク質をしっかり)、十分な睡眠をとるようにしましょう



これから夏本番!

予防と対策をきちんと行って楽しい夏を過ごしましょう


2022-07-04 16:11:18

汗のお話し④(夏の汗対策)

汗のお話し④(夏の汗対策)

前回に続いて汗のお話、4回目です。


今回は、夏場に向けての汗対策をご紹介します。




<多汗で困ること>

・顔……汗をかいてることを隠せない、対面が苦手になる。

・手足……握手ができない、PCやノートなどの道具に触れることができない、靴に困る。

・腋窩…..洋服の素材や色によっては汗が目立つ、手を挙げられない、汗に伴う臭いが気になる、洋服が黄ばむ。

・全身……更年期障害で重症の場合には、夜間に何度も寝巻きを着替えないといけない。汗疹(あせも)ができる。




<具体的な汗対策>

病気をお持ちの方

病気をお持ちの方はそれに対しての治療が必須ですね。


精神的な理由で汗をかきやすい方

精神的な理由で汗をかきやすい方は、
・自分なりのストレス発散(日常生活の改善)
・自律神経のバランスを整える工夫をする


漢方を試してみる


脇の汗に効果的なお薬が製薬会社から発売されています。
(当院でも処方していますが、今まで脇の汗で悩んでいた患者様に喜ばれています。)


こまめに汗を拭いましょう

なんといっても汗をかいたらこまめに汗を拭うことが大切です。

可能なら体を洗うのが良いですが、外出中でシャワーなどができないような時は、
濡れティッシュや濡れた小さなハンカチを用意してこまめに拭く。
体が洗えなくても腕まくりして腕だけでも洗うなどとりあえず汗を拭うことですね。





背中にタオルを入れる

今年NHK「あさイチ」でご紹介いただいた私の汗対策の提案です。

外出中に動き回ってたくさん汗をかき、室内にいると汗が冷たくなってくる場合、
外出中背中にタオルを入れて、汗をかいた後にそのタオルを引き抜くという方法です。
簡単でとても便利です。汗をよくかくという方は一度試してみてください。




<なかなか良くならない場合は>

上記対策でもなかなか良くならない場合は、
他科(皮膚科、形成外科、心療内科など)の病院を紹介することもあります。




これから暑くなり汗をかきやすくなりますね。
さまざまな治療や対策を上手に活用して、快適な毎日をお過ごしくださいね!

2022-06-28 18:51:57

汗のお話し③(更年期障害)

汗のお話し③(更年期障害)

前回に続いて汗のお話、3回目です。

前回は、汗の悩みで当院に来院される患者さまの中でも
特に多い『甲状腺機能亢進症』についてお話させていただきました。

今回も、汗の悩みで当院に来院される患者さまの中で
最も多い『更年期障害』についてお話させていただきます。



<更年期障害とは>

更年期障害とは、年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することで
ホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれることを指します。

閉経前の5年間と閉経後の5年間を併せた10年間を「更年期」といい、
この期間に発症しやすいため、更年期障害と呼ばれています。

平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、
早い人では40歳代前半、遅い人では50歳代後半に閉経を迎えます。



<更年期障害の主な原因>

更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が、
大きくゆらぎながら低下していくことですが、その上に
・加齢などの身体的因子
・性格などの心理的因子
・職場や家庭における人間関係などの社会的因子
が複合的に関与することで発症すると考えられています。



<更年期障害の主な症状>

更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。


症状血管の拡張と放熱に関係する症状
・ほてり
・のぼせ
・ホットフラッシュ
・発汗など

更年期障害の患者様の汗の特徴ですが、
顔に噴き出るような汗が、拭いても拭いても出てくる。
診察中も何度も汗を拭いてられます。

営業のお仕事の方などは、お客さまに説明する時に
汗を拭きながら説明していると信頼感を得られにくい、
せっかく朝にメイクをしっかりしたのに、
汗でぐちゃぐちゃになってしまって悲しいなど訴えるかたが多いですね。

夜中に体の中からカァーッと燃えるように熱くなってきて汗が噴き出て困るという訴えも多いですね。




症状その他のさまざまな身体症状
・めまい
・動悸
・胸が締め付けられるような感じ
・頭痛
・肩こり
・腰や背中の痛み
・関節の痛み
・冷え
・しびれ
・疲れやすいなど


症状精神症状
・気分の落ち込み
・意欲の低下
・イライラ
・情緒不安定
・不眠などが主なものです。




<検査>

更年期障害の特徴の一つは症状が様々であることですが、
これらが他の病気による症状ではないことを確認する必要があるため、血液検査を行います。

下記条件が揃った場合、更年期と判断します。
E2(エストラジオール)値:20pg/ml 以下
FSH値(卵胞刺激ホルモン)値:40mIU/ml 以上



<治療法>

更年期障害は、先ほど身体的因子・心理的因子・社会的因子が複雑に関与して発症すると話しました。

なので、まず十分な問診を行うことが必要です。

その上で生活習慣の改善や心理療法を試み、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います。

更年期障害の薬物療法は大きく3つに分けられます。


治療法ホルモン補充療法(HRT

更年期障害の主な原因がエストロゲンのゆらぎと減少にあるため、少量のエストロゲンを補う治療法(ホルモン補充療法:HRT)です。

更年期障害の症状の中でも特に、HRT
・ほてり
・のぼせ
・ホットフラッシュ
・発汗
など血管の拡張と放熱に関係する症状に特に有効です。

劇的に汗が減り喜ばれることが多いです。

子宮のある方と子宮を摘出した方では治療法が異なります。

生理のような出血があっても気にならない方と嫌な方でも治療法が異なります。

HRTに用いるホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬など
いくつかのタイプがあり、またその投与法もさまざまです。

患者様とよく話し合いながら、その人に合った最適な治療法を選択していきます。

HRTに関しては、一時乳がんなどの副作用が強調される傾向にありましたが、
最近になって、更年期にHRTを開始した人では、心臓・血管の病気や骨粗鬆症など
老年期に起こる疾患が予防できるという利点が、再び見直され始めています。


治療法漢方薬

ホルモン補充療法は抵抗があるという方や、多彩な症状を訴える更年期女性に対しては、
「婦人科三大処方」とも呼ばれる
・当帰芍薬散
・加味逍遥散
・桂枝茯苓丸
を中心に、その人に合わせて、他の漢方を組み合わせて処方することが多くあります。

劇的に改善されることも珍しくなく喜んでいただいております。

汗に関しましては、
・加味逍遙散
・柴胡加竜骨牡蛎湯や防已黄耆湯
・補中益気湯
・四逆散
が効果的なことがあります。


治療法向精神薬
・気分の落ち込み
・意欲の低下
・イライラ
・情緒不安定
・不眠
などの精神症状が最もつらい症状である場合には、抗うつ薬・抗不安薬・睡眠導入剤などを処方します。






更年期障害は、しっかり検査・問診を行い、
状況に応じて治療を選定することが重要になりますので、
症状に心当たりがある方は、まずは医療機関を受診してみてください。

次回は、具体的な汗対策についてお話いたします。

では、また次回

2022-06-20 15:18:25

汗のお話し②(甲状腺機能亢進症)


汗のお話し②(甲状腺機能亢進症) 
 

前回に続いて汗のお話しです。

前回は、汗でお困りの方の様々な原因を紹介させていただきました。

私が女医ということもあってか、当院に来院される患者様は、
『更年期障害』・『生理不順』・『PMS 』・『月経困難』・『子宮筋腫』など
女性のホルモンバランスの悪さからくる様々な症状のお悩みの相談にご来院くださる患者様が多いです。


今回は、当院に汗の悩みで来院される患者さまの中でも多い
『甲状腺機能亢進症』についてお話させていただきます。



甲状腺機能亢進症(Basedow)

甲状腺のホルモン分泌機能が過剰になることが原因で
引き起こされる病気ですが、甲状腺ホルモンの分泌機能が高まる原因は多々あります。


もっとも多いのは、免疫の異常によって発症するバセドウ病とされています。

症状:多汗、体重減少、動悸、倦怠感、手指振戦、下痢などが主なものです

所見:甲状腺腫大(甲状腺は喉仏の下あたりにあります)、眼球突出、頻脈、やせが主なものです

診察中に診断できることが多いですね。

痩せていて、目がギラギラしたような感じで、
「最近なんか痩せてくる、動悸する、汗がよく出る」っておっしゃることが多いです。


検査:血液検査を行います。

検査所見
TSH(甲状腺刺激ホルモン) が基準より低い
FT4(甲状腺ホルモン) が基準より高い

TRAb(TSHレセプター抗体) 陽性


心電図:心房細動(心房が痙攣したように細かく震え、血液をうまく全身に送り出せなくなる状態)

治療法:基本は、抗甲状腺薬で甲状腺ホルモンの合成を抑えていくことですね。




抗甲状腺薬チアマゾール(メルカゾール)の副作用

かゆみ、じんま疹などの皮膚症状が3割くらいの割合で出現します。

これらの皮膚症状は1週間くらいで少しずつ出現し、ピークは約23週間後です。

皮膚症状が出たら、薬を減量したり他の薬に替えたり抗アレルギー剤を一緒に飲んでもらいます。


注意が必要な副作用に無顆粒球症があります。

無顆粒球症というのは、血液中の白血球の成分である顆粒球が減少することです。
無顆粒球症になると、細菌等に感染しやすくなってしまいます。


1000人に12人の割合で起きる稀な副作用ですが、
定期的に血液検査をして顆粒球が減っていないかチェックをすることで、予防することができます。


最近体重が減ってきたな、最近動悸がひどい、
汗が多いなどが続く場合はひとりで悩まず、医療機関を受診してください。


お薬で良くなることが大半です。

楽になりますよ。


『更年期障害』については次回お話しすることにいたしますね。

では、また次回

2022-06-07 11:11:31

汗でお困りの患者さま①

汗でお困りの患者様

 

こんにちは

これからは汗をかくことも多くなるので、何回かに分けて、汗についてお話させていただきますね。

 

 

先日、製薬会社の1周年記念のWEBセミナーがあり、皮膚科・形成外科・精神神経科・薬剤部の先生方とご一緒に、
私は内科の担当として講演させていただきました。

 

他科の先生方と一緒に講演をする機会はあまりないので、私自身も大変勉強になりました。

 

内科の担当は私ひとりだったので、「内科を受診される汗でお困りの患者様」をテーマに話しました。

 

 

汗でお困りの患者様の主な原因は、以下があげられます。

・更年期障害

・甲状腺機能亢進症

・感染症

・循環器疾患

・低血糖症

・悪性腫瘍や膠原病

・中枢神経疾患

・薬剤の副作用

・その他、パーキンソン病・自律神経疾患など
 

 

私が女医ということもあり、汗でお困りの患者様は圧倒的に『更年期障害』の方が多く、
次に多いのが『甲状腺機能亢進症』の患者様です。

 

この二つについては次回に少し詳しくお話させていただくとして、今回はその他の原因を簡単に紹介させていただきます。

 

 

感染症

 

ほとんどが発熱を伴って全身の発汗を認めます。

 

肺炎や結核、尿路感染症、扁桃炎などが代表的です。

 

 

循環器疾患

 

当院では心筋梗塞・大動脈解離の患者様が汗がたくさん出ると訴えて来院される患者様が意外と多いです。

 

診るからに顔面も蒼白なことが多く「冷や汗」という感じです。

 

汗以外では、胸痛や胸のあたりが変な気分という症状が多いです。

 

中には胸痛などの症状が無い場合もありますが、まずは心電図を取ります。

 

すると心筋梗塞などの異常所見がでた場合は、近隣の循環器にを紹介させていただくこともあります。

 

 

低血糖症

 

最近の糖尿病のお薬(血糖降下剤・インスリンなど)は、低血糖の副作用は少なくなったので、
低血糖の患者様は少なくなりましたが、以前は、低血糖の患者様を診察することもそう珍しいものでもありませんでした。

 

症状は冷や汗、手や指の震え、倦怠感が主なものです。

 

 

悪性腫瘍や膠原病

 

悪性腫瘍や膠原病なども発熱と汗がみられることがありますので、微熱と汗が続く方には、そのような検査も追加することがあります。

 

 

中枢神経疾患

 

脳血管障害、外傷、脳腫瘍、脳炎などにより発汗中枢が損傷すると全身性多汗が生じます。

 

 

薬剤の副作用

 

抗うつ薬、抗躁薬、抗不安薬などの向精神薬、非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド剤内服中に発汗が増加すると言われています。

 
 

 

次回は『甲状腺機能亢進症』の汗の特徴についてお話しますね。

2022-05-19 17:23:37

ちむどんどん

NHK連続テレビ小説
「ちむどんどん」


ご覧になられています?
時には涙し、時には大笑いし
いろいろ大切な気づきをいただくので、
私は朝ドラが好きです♡

512日放映の
片桐はいりさん演じる下地先生が、
恥ずかしがり屋で引っ込み思案の歌子に言った言葉が素晴らしかったですね☆☆☆
感動しました。


〜昔からよく熱を出し
運動も苦手
勉強もそこそこ
おまけに恥ずかしがり屋で
人前でおどおどしてばかり……

これから いろんな人が いろんなことを言うでしょう


頑張れとか

気合が足りないとか

可哀想とか

これまでもこれからも……


<一切気にせず

感じるままに生きなさい!>


みんな好き勝手なことを言います


<でもあなたの人生はあなたのもの

あなたはあの日

家族のために
恥ずかしくても
一生懸命歌いました。

あなたは充分誰にも負けないぐらい素晴らしい人間です。

1つだけ私も勝手なことを言います。

あなたは
いつでもどこでも
どうなっても歌うことを止めていけません!

どんな歌でも良い
あなたが歌いたい歌でいい
あなたを歌い続ける

聞く人がたった1人でも
聞く人が森と虫たちだけだったとしても

それがあなたの人生
わかった?

この言葉で、
これから歌子さんが、
どのように変わっていくのかとても楽しみです










2022-05-14 09:33:23

コメント(0)

天王寺動物園

天王寺動物園

 

先日、天王寺動物園に行ってきました♡

久しぶりの動物園
癒され楽しかったですよ。

動物に直接触れなくても『可愛い!』と
思うことがありますね♪(´ε
)

その気持ちが母性を刺激し、

ヒトは『オキシトシン』と呼ばれる幸せホルモンが分泌され、
癒し効果や心の乱れが落ち着きます。

コロナ禍で気持ちが落ち込みやすいですね。
テレビをみていても辛いと言われる患者様も多いです。


気候の良い日です。

休日にでも動物園に行かれてはいかがですか?
癒されますよ✧


誰かさんと似た動物もいるかもしれませんよ ♪()♪










 

2022-05-09 16:31:31

正木院長テレビ出演情報

TV出演のお知らせ】

 

急遽 明日

3/9() 1545分〜19

朝日放送テレビ番組 『キャスト』出演予定です。

 

お時間が合いましたら是非ご覧ください。

暗いニュースが多い中、少しほっこりしていただけましたら幸いです。

2022-03-08 19:21:41

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
TOP