診療時間9:00~12:30 / 17:00~19:30 休診日:水曜・日曜・祝日

〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷2丁目18-9

お問い合わせTEL:06-6741-5546

Blog

HOME»  Blog

Blog

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あさイチで紹介・むくみ予防について

あさイチで紹介・むくみ予防について

コロナ禍でむくみでお悩みの患者さんが
多く来院されるようになりました。
先日の「NHKあさイチ」で
その原因や対策法などについて
お話しさせていただきました。
少しご紹介いたします。

<むくみの原因は?>

血液は、心臓から動脈を通じて全身に送られ、
足先や手先の毛細血管まで運ばれます。

その後、下腿(ふくらはぎ)のポンプ機能で
末端から静脈あるいは、リンパ液を通って
再び心臓に戻ってくるという循環を繰り返しています。

立ちっぱなし、座りっぱなし
といった長時間同じ姿勢、
運動不足や無理なダイエットによる
筋肉量の低下、塩分の取りすぎなどが、
血流の低下をまねきます。

立ち仕事、デスクワーク、
車の運転、飛行機や長距離バスでの移動などで、
同じ姿勢をとっている時、
ふくらはぎはほとんど動いていません。
長時間その姿勢が続くと、
足の血液が心臓に戻りにくくなります。

さらに、日頃の運動不足で
ふくらはぎの筋肉量が落ちている、
力が弱まっていると、
ポンプの働きが十分に果たせないため、
むくみが生じやすくなります。

以上が浮腫(むくみ)の原因です。

特にコロナ禍で家にいることが多くなったので、
座りすぎや運動不足の他に、
さまざまなストレスで自律神経の
バランスが悪くなることや、
女性ホルモンの影響を受けることも
原因に考えられます。

女性は筋肉量が少ないために、
静脈の血行が悪くなりがちで、
むくみが起きやすい傾向があります。
また、生理前や妊娠中、
更年期にはホルモンのバランスが変化するため、
自律神経の乱れから血行が悪くなり
むくみが出やすくなります。

<むくみ予防・対策>

日頃から、こまめに動いて
ふくらはぎの筋肉をアップするようにしましょう!

意識的に、同じ姿勢でいる時間を少なくする。
 デスクワークの方も30分に1度は立ち上がる。

日ごろから、筋肉量維持するために
 ウォーキングなどの運動習慣をとり入れる。

筋肉や内臓は意外に冷えて
 血流やリンパ液の流れが悪くなっているので
 できれば入浴はシャワーでなく、湯船につかる。

足先からふくらはぎを心臓に向かって
 ソフトに押し上げるようにマッサージをする。
 (好きなアロマオイルを使うとリラックスし自律神経のバランスも整う)

青竹踏み

足の裏には沢山のツボがあります。
そのツボを刺激することで、
血流の改善・冷え性の改善・血行が良くなり
足のむくみがとれます。

そして内臓の働きも良くなり、
自律神経のバランスも整うなど、
実に多くの効果が期待できるといわれています。

ポイントは、
たくさんの効果があるからと一度に「やりすぎない」こと 
継続すること
が大切ですね。

1日5分~10分程度、
それを一度に一気にするのではなく、
2~3回に分けて、
合計して1日5分~10分程度
行うのが効果的と言われています。

痛みが強い場合は、
決して無理しないでください。

青竹がない場合は、
身近なものでは、ゴルフボールやテニスボールを
利用するのも良いですね。

座ってできるむくみ予防体操

むくみの改善予防対策として
通常は下記のようにやるとよいでしょう。

1.背筋をまっすぐ伸ばして、浅めに椅子に座る
2.足の位置は、足首が膝の下にくるように、90度の角度にする
3.ふくらはぎを意識しながら、ゆっくりとかかとを上げる
4.限界までかかとを上げる
5.上げたかかとをゆっくりと下げる

ずっと座っている方は、
30分に1度10回を目安にやってください。

むくみのひどい人は、
20~30回やっていただいても構いません。

動画で説明したものを
Facebookに載せているので
是非そちらも見て下さい。

これは飛行機に長時間乗っている場合の
エコノミークラス症候群の防止にもなります。

簡単に筋肉のポンプ機能を働かせることができます。

こうした対策をしても治らない場合は、
何か病気が隠れている可能性があります。

むくみが改善されずひどくなっていく、
さらに体重が増えた、尿量が減ったなど
症状を感じた場合は、
甲状腺機能低下症や
心臓・腎臓・肝臓などの機能が
低下している場合などの可能性がありますので、
ご相談ください。






2021-02-16 12:07:49

TV出演ご報告・お礼

TV出演ご報告・お礼

2月3日(水)8:15~
大好きなNHK総合 朝の人気番組
「あさイチ」に出演いたしました。

あさイチ・特集
「痛みや不調をラクに! 座り方大研究SP
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/210203/1.html

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことにより、
下肢のむくみに悩まされている方が増えています。

そのむくみの原因や解消法について
お話しさせていただきました。
VTRとリモートでの生出演でした。

大好きな「あさイチで」、大好きな
「博多華丸・大吉」さんと
同じ画面に映れて嬉しかったです。

皆さんも下肢のむくみ予防や
エコノミークラス症候群予防や
夜間頻尿予防のために
座りっぱなしないならないように
注意してくださいね。

ご覧いただき、また
温かい優しいメッセージいただき
ありがとうございました。

浮腫の原因・対策などについては
次回のHPFBで詳しくお話しいたします









 

2021-02-05 10:59:35

院長TV出演のお知らせ



院長の正木が、NHKの番組に出演いたします。


コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことにより、下肢のむくみに悩まされている方が増えています。

当日の放送では、むくみの原因や解消法についてお話しいたします。

VTRとリモートでの生出演を予定しております。

是非、ご覧ください。
 

●放送予定日

来週2月3日(水)8:15~
 

●放送局

NHK総合
 

●番組名

あさイチ・特集「痛みや不調をラクに! “座り方”大研究SP」
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/210203/1.html

※コロナの情勢や国会中継により、急な放送日の延期や放送内容の変更、短縮の可能性もございます。

2021-02-01 14:12:13

コメント(0)

セミナーご案内

セミナーご案内

・便秘でお悩みの方

・腸の健康に関心のある方

へ、セミナーのお知らせです。

 

一昨日、『健活OSAKAセミナー』という
セミナーに登壇させていただきました。

 

 

 

定員100名のところすぐに定員になり
50名ほど増員してくださったそうです。

 

ありがとうございます。

 

大阪府庁から1週間限定で録画が配信されます。

 

オンライン配信ですので、
全国の方にご覧いただけます。

 

お申し込みは126日まで

 

健活・美腸活について
わかりやすく説明させていただきました。

 

便秘でお悩みの方・腸の健康に関心のある方は
ぜひご視聴ください。

 

 

 

 

<申し込み方法>

 

http://www.pref.osaka.lg.jp/kenkozukuri/kenkokeiei/kenkatsuosakaseminar.html

 

『健活OSAKAセミナー スケジュール』表の
『第
5回』の『申込はこちら』からお申し込みください。




2021-01-22 15:52:53

アロマのお話① 日本におけるアロマのルーツとアロマの効果・効能

写真:神戸布引ハーブ園


こんにちは。

当院のアロマセラピーを担当しています

メディカルアロマセラピストのツチヤです。

今日は、少しアロマのお話をさせていただきます。


 

日本におけるアロマテラピーのルーツ

アロマセラピーが日本で広まってから、まだ日は浅く、       

1995年の阪神淡路大震災がきっかけと言われています。

当時、アロマセラピーに携わっていらっしゃった方々が
被災地に行き、避難所などで、
ハンドマッサージやフットバスなど行い、

被災された方々の心身の癒しになったことで、

心身を癒す療法として
アロマセラピーへの関心が広がったそうです。


 

アロマテラピーの効果・効能


香りが、そんなにも人の心と体に影響するのかって
思われると思いますが、

 

ちょっと難しい話は置いておいて、
香りの刺激って脳と密接な関係にあります。

いやな臭いを嗅ぐと、いやな気持ちになって、
そこからイライラしたり、
またはやる気がなくなったり。

その反対で、好きな香りや良い香りを嗅いだりすると、
気持ちが明るくなったり、やる気が出たり。

また、香りは人間の記憶とも関係しています。

「あっ!この香り、あの場所の香りだ」
「あの時の香りだ」など、素敵な思い出と重なったり、

嫌いな香りだと、何か嫌な思い出が思いだされたり。

 

 

だから、「私は、この香りを好き!!」という香りを
自分自身で知っておくと、

ちょっと気分が落ち込んでいる時、
イライラしている時、悲しい気分の時など、

少しでも心を癒してくれるのではないかと思います。

 

まとめ

 

まだまだ先の見えないコロナ禍。

きっと心が疲れてる方も、たくさんいらっしゃると思います。

外出も制限される毎日になかで、
自宅でできるアロマセラピーで、

少しでもご自身の心を癒してあげてくださいね。

 

受診に来られ際には、アロマについて、気軽にご質問くださいね。

 

 

早く、明るい春がきますように・・・✩

 

これからは、このブログで、
少しずつアロマもお話しもしていきたいと思います。

よろしくおねがいします♪

 

 

写真は、私が大好きな場所のひとつ、神戸布引ハーブ園です。

長い間行けてないので、早くまた癒されに行きたいです♪

 

2021-01-18 17:37:35

新年のご挨拶

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、

例年とは少し違ったお正月を
お過ごしの方も多いかと思いますが

新しい年を皆様とともに
迎えることができましたことを
本当にうれしく思います。


本年も皆様のかかりつけ医院として
気軽に相談できる、
信頼していただけるクリニックであるよう
初心を忘れず、努力して参りたいと思います。


一日も早く普段の日常生活が
戻ることを祈念しております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

正木クリニック院長・スタッフ一同


 

2021-01-05 12:08:58

年末のご挨拶

年末のご挨拶

いつも本ブログをお読みいただき、
ありがとうございます。

今年は新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行し、
新しい生活様式になった変化の1年でしたね。
皆さまも心配事の多い1年だったかと思います。

来年は、マスクを外して過ごせるような
明るい1年となるといいですね。

皆さま、時節柄ご多忙のことと存じますが、
どうぞ、お体には気を付けお過ごしください。

当院は、12/29(火)午後~1/3(金)まで、
(1/4(月)は午前のみの診療)
お休みをいただきます。

良いお年をお迎えください。

正木クリニック 院長・スタッフ一同





 

2020-12-29 11:12:35

ヒートショック(入浴編・トイレ編・コロナ禍編)

ヒートショック(入浴編・トイレ編・コロナ禍編)
 
大雪も過ぎ、寒さが厳しくなりました。
 
寒い季節に注意しなければならないのが
ヒートショックです。

ヒートショックとは 

ヒートショックとは、急激な気温の変化によって
大きく血圧が変動し、
心臓や血管の疾患が起こることをいいます。
この血圧の乱高下に伴って、脳梗塞、心筋梗塞、
脳内出血などの病気が起こります。


特に冬の12月から2月の入浴時に注意が必要です。

 

ヒートショックが起こりやすいシチュエーションとは

寒い冬場の脱衣場や浴室は室温が低くなりがちです。
寒い脱衣所で衣服を脱いで
急に熱いお湯の浴槽につかると、
急激な温度差によって大きく血圧が変動し、
ヒートショックが起こりやすくなります。

重症の場合は死に至ることもあります。
 
また夜中のトイレにも注意が必要です。
暖かいお布団から起き上がり、
寒い廊下を通って寒いトイレでいきんだ場合、
急激に血圧が上がりヒートショックを起こす
ことがあります。
 
様々な場面での急激な気温差で起こりますが、
特に多いのがこのように入浴時や夜間のトイレです。

 

コロナ禍で起こりやすいヒートショックとは

ところが、今年はコロナ禍でいつもと違う冬を迎え
新たなヒートショックに注意が必要です。
 
今年は、感染対策のために、窓を開けて
「換気」されてる方が多くいらっしゃると思います。
 
急激に窓を全開にして換気すると、
冷気が急に入り込んで室温が急に下がり、
ヒートショックにつながる危険性があります。

 

ヒートショックを起こさないための対策 

ヒートショックを起こさないために以下のような対策があります。
 

【入浴編】

・入浴前に暖房器(温風式)で脱衣所を暖める。
・浴室に入る前にシャワーのお湯を出しておいて
 蒸気で浴室を温めるなどして温度の変化を少なくする。
・湯船に浸かる前に、心臓から遠い部位から順
 (足・腰・腹部・胸の周囲)にかけ湯をする。
・浴槽の温度は41度以下にする。
・長湯をしない。(5分から10分が目安です)

 

【トイレ編】

・トイレを小型の暖房器(温風式)で暖める。
・便座を温めることができるトイレで便座を温める。

 

【コロナ禍編】

・一度に窓を全開しないで少しずつ開けて
 寒い空気が一気に入らないように空気を循環させる。
・窓を開ける前に少しエアコンの温度を高くしておく。
・加湿器で部屋の湿度を保っておく。
 (室温の低下を感じにくくなります。)

 

同居人のヒートテックにも気をつけましょう

また、同じ部屋に他の人がいる場合は、
窓を開ける前に声をかけて

上着などを身につけてもらうようにして、
周りの方のヒートショックも防ぎましょう。
 
これから寒さが一層きびしくなってきます。
新型コロナ感染症を心配されてる方も多いと思います。
 
ご自分やご家族に
不慮の事故が起きないように
注意して冬を乗り切りましょう。



 

2020-12-28 18:39:03

健活OSAKAセミナー2020

健活OSAKAセミナー2020

 

院長のWebセミナーご案内です。

 

2021120日(水)19:30

「すべては腸の健康から」

今日から始める健活・美腸活

 

 

〇開催概要

 

大阪府報道発表資料「おうちで気軽に健活10を!
健康について学ぶ「健活OSAKAセミナー」を開催します!」

 

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=39682

 

 

〇申込方法  

 

下記の大阪府ホームページからお申し込みください。

 

「健活OSAKAセミナー(令和2年度)」

http://www.pref.osaka.lg.jp/kenkozukuri/kenkokeiei/kenkatsuosakaseminar.html

 

当院長の登壇は『第5 すべては腸の健康から』です。

ライブ配信は満員となりましたので、録画配信にお申し込みください。



2020-12-08 10:42:48

医療安全講習会

医療安全講習会

先日医療安全推進指導者講習会があり、
座長を務めさせていただきました。

「医療機器の安全管理対策」
「医薬品の安全管理対策」がテーマです。

当然ですが、うっかりミスは許されません。

いかに素晴らしい医療機器も
点検をきちんとしていなければ、
役に立たないものになるし、
反対に危害を加えるものになります。

うっかりすると身近で
起こしてしまうかもしれないような
事例をわかりやすくご説明くださり、
沢山の貴重な気づきをいただき、
大変勉強になりました。

何事も日頃からのきちんとした点検、
より良いコミュニケーションが
いかに大切かを感じます。

学んだことを自院のスタッフと共有し、
絶対に医療事故はおこさないという心構えで
日々診療に努めていきたいと思いました。

「うっかり」から身近で大きな参事を
招いてしますこともあります。
ご家庭や職場で定期的に
日頃の点検・安全管理対策の話し合いをお勧めします。






2020-11-30 12:16:02

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
TOP